So-net無料ブログ作成

ツール・ド・かつらお 2019 春 [自転車レース]

今年は福島を走っていこうということで、初かつらお。

アップダウンのあるコースで、以前だったらワクワクしていたであろうレース。

ただ、今の状態では完走もできるだろうか?という気持ち。

とはいえ、「今のベスト」を尽くすしかないので、秋のための試走くらいの気持ちで走りました。

【1日目のロードレース(11km×3周)】

パレード走行も特に遅くもなく、上りに入るとすぐにきついペース。

集団の最後尾で下りに入るものの、下りきる前に遅れてしまい、早々に一人旅。

緩いのぼり区間に入り、ペースを落として後ろの選手の合流を待つ。

5人ほどになり、完走目標で走り続ける。

前から降ってくる選手を吸収しながら10人を超えるくらいまでなった集団は、そのまま最終周回へ。

ここでスプリントする気はなかったものの、ラストの直線で前方に2選手くらい見えたので、その差を詰めるような感じでゴール。

【個人タイムトライアル(11km)】

10秒間隔ぐらいでスタートだったので、前が見える感じ。

下りを踏まないくらいでゆっくり進んでいたものの、前の選手との差が開かないので、「まあいいか」と走っていたら、

後ろから大学生2人組に抜かれる。やはり遅かったのね(^^;

というか、2人でローテーションしながら走っちゃだめだよ?

上りに入って、何人か抜かしたような気もするけど、逆に1人には抜かされた。足が重い。

なさけなや。

【2日目のロードレース(28km×2周)】

目標は完走。

最初の下りはローリング。上りに入り、発生した落車は何とか回避したものの、上りきる直前で千切れてしまい、下りは単独で。

スポーツで奇跡はないので、1日目と同じような展開になるのは当然。

(本当は試走をするべきであったが)初めてのコースで、ここに急カーブがあると聞いていたので、それっぽい左カーブはかなり減速してクリア。

下りきったところで後ろからの小集団に吸収されて平坦区間へ。

一番きついとされている上り区間に突入すると、集団のペースが落ち、さらには前方にぽつぽつと選手の姿が見えたので、それを追う感じで集団を離脱。

3人くらい抜かしたところで、麒麟山な選手が抜き返してきた。気持ちが戻ったという感じで、上りのペースは私より少し速い感じ。

下りを終えて後ろの数名も含めて合流し、6人の集団で平坦区間を気持ちよく走る。

2周目。きつめの上り区間に入ると、それぞれのペースで走る感じになるが、下りきるころには集団に戻って、吸収してきた選手もあわせて10人以上にはなったか?という感じ。

ただ、もりもりランド?の上りに入り、集団はバラバラに。

黒っぽいジャージの選手が結構先行してしまい、そのあとに麒麟山の選手、そこは見える距離で私、その後ろは見えないくらい離れた感じ。

下りきってラストの平坦区間に入ったところで、前方に麒麟山の選手が見え、射程圏内か?という感じ。後ろも一人は見える距離にいる。

余裕のあるペースで後ろを確認しながら走ると、差が縮んできていたので待つことに。抜かれるところで後ろにつく。

この選手の平坦、かなり速い。麒麟山の選手には間違いなく追いつく。

追いつくタイミングを少し調整する感じで追いついてかわす。

ゴール前だが、順位も順位だし、引いてもらったのでスプリントはしない感じでゴール。

集団から遅れてしまったけど、単独の時間は少なく、レースをしている感じで楽しかった。

練習したくなっちゃうなぁ…。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。