So-net無料ブログ作成
検索選択
REALAXIOM ブログトップ

Elite Real Turbo Muin のパワー表示 [REALAXIOM]

そういえば、2010年頃に「Real Axiom」を使用していた頃は、

続きを読む


タグ:zwift

Elite で仮装...じゃなくて、仮想乗鞍 [REALAXIOM]

5年前はGPSデータをとるなど、なかなか簡単ではなかったので、やらずに故障を迎えたわけですが、

せっかく Turbo Muin を導入したので、試してみました。

続きを読む


Elite Real Turbo muin [REALAXIOM]

後輪を外すタイプの『Turbo Muin』の Real(PCに繋いで処理を行う)バージョン。

Lemond Revolution を持っていて、音の大きさ以外は気に入っていたので、後輪を外すこのタイプを選択。

続きを読む


新ローラー台 [REALAXIOM]

昨年6月に、それまで愛用してきた“RealAxiom”が壊れてしまいました(3年半の命でした)。

その後、「どうせなら“RealPower”に買い換えよう!(高負荷まで対応しているので)」と注文もしたのですが、実は在庫が無かったみたいな感じで、いろいろあって、結局はキャンセル。

それ以来、買わずにきてしまったのですが…、

別のローラー台を買いました。

続きを読む


AXIOM [REALAXIOM]

REALAXIOMの動画像が出ないタイプがAXIOMです。

購入直後のためし使用ではREALAXIOMをためしましたが、今回はAXIOMを試してみました。

続きを読む


ローラー台(REALAXIOM)、ついに使い始め? [REALAXIOM]

約半年前に購入したまま放置されていたケイデンスセンサーをTREK1500に取り付けた。買ってもすぐに使わないのは悪い癖だ(><)
心拍計(トランスミッター)も使っていないし、ローラー台も一度試しに使って以来、約1年間使っていない…。

続きを読む


REALAXIOMを使ってみる「第1回」 [REALAXIOM]

というわけで、「REALAXIOM」を使ってみた。

ちなみに、環境は、

で、マラソンの練習のために買ったPOLARが、またまた役に立った。

ローラー台には、コースの映像用のDVD-ROMが2枚付属していて、各々1コースずつが入っているっぽい。とりあえず、最初に触ったほうをPCに入れた。

約15キロの上って下るコース。スタートして暫くすると、自動的に負荷が重くなる。同時に画面上の傾斜表示が変化する。表示が6%になったところで、インナーに入れようと思ったら、

「うっ、レバーが動かない…。」

実は、左手がギアを変えられるほどには回復していなかったらしい。右手を左のレバーに持っていって、右手でなんとかギアチェンジ。ハンドルを握っていると、右手すら痛いので、「まだ早すぎたかな…。」と思いながらも、今日だけは走りきろうと続けた。

15分くらい経過したところで今度は下り。また、右手でギアチェンジして、スピードを上げる。思っていたよりも音がうるさくて、近所から苦情が来たらイヤなので、適度に抑えることにした。
ローラー台を使ってみて、エアロバイクが静かだったことがわかった

30分くらいで終了。それなりに運動になった。
負荷が変わったときもケイデンスを一定に保つことができる点がエアロバイクとは違う。
エアロバイクより面白いけど、音がうるさいのが気になるので、平日の使用は難しそう。休日は外で走りたいので…、とか考えると使い道が微妙…。
まあ、天気が悪い週末には重宝するかなぁ。
「アップ用にも使えたらいいな」と思っていたけど、それは別のものを買ったほうが良さそう。

正月明けあたりから、使っていければと思う。


REALAXIOM(ローラー台) [REALAXIOM]

先日(12月3日)、ローラー台が届いた。ELITEの「REALAXIOM」というPCに繋ぐタイプのもの。

当初は「CompuTrainer」を買うつもりでいたのだけど、「REALAXIOM」の存在を知って、迷ったけど、リアルな画像と値段に惹かれて「REALAXIOM」にした。

で、「REALAXIOM」の仕様を知りたくてWebで調べたけど、ほとんど情報がなくて、わかったのは、推奨PCスペックオイル抵抗式ということくらい。

ちなみに、推奨のスペックは、

Pentium4 2GHz
メモリ 256MB(ビデオメモリのことではないと思うけど…)

それで、自分のPCは、「PentiumM 1.50GHz(メモリは512MB)」だから、不安だけど、試してみるかという感じで(というか、グラフィックアクセレレータとかの方が重要な気もする)。
センサが別途必要になるかもしれないけど、それも買えばいいし。

で、いざ届いて開けてみた。説明書を読むと、「左右のパワーバランス」はないものの、それなりの機能は備わっていたので、ホッとした。
そして、組み立て&設置。意外と力が必要で、左手首に痛みが走って奇声をあげながら、なんとかセットアップ完了(笑)
実際に乗るのは、またがるくらいにして、PCが動作に耐えうるかだけみてみた。
結果は、たまに表示が止まることがある程度。そんなに悪くはなさそう。

使ってみた感想はまたの機会に…


REALAXIOM ブログトップ