So-net無料ブログ作成
検索選択

夏油ヒルクライムの7年 [自転車]

いつの間にか、

「楽しいし、ついでに実家にも立ち寄れるし」

くらいの気持ちで参加するようになっていた『きたかみ夏油高原ヒルクライム』ですが、

今年の開会式の藤田さんのスピーチにもあったように、当初は、震災からの復興を願って開催された大会でした。

2011年の3月に東日本大震災があり、その甚大な被害については言わずもがなですが、

建物倒壊の被害がなかった地域でも、電力不足による計画停電が実施されたりしました。

募金活動やボランティア活動も盛んに行われていましたが、それは、ボランティアで現地に向かうことがボランティアになるのか?という話すら出てきてしまうレベルでした。

そんな一般的な話はこのくらいにしておいて、自転車競技の話ですが、

道路が破損することによる大会中止もありましたが、それ以上に『節電』等の流れも含めて、『自粛中止』が相次ぎました。

大会を開催したら、「なに、世の中がこんな大変な時にレースなんてやってるの?」と言われそうな空気があったわけです。

そんなとき(2011年8月)に、(被災地という印象の強い太平洋側の)東北から、大会を初開催するという話が出てきたわけです。

「がんばっぺ!! Gear up! 東北」(キャッチコピー)

なんか、7人の女の子が連想されてしまうのですが…(^^;

それはさておき、第1回大会は、いろいろな方がチャリティーで提供してくださったものが副賞になって、

それこそ『絆』を感じつつ、がんばっぺ!となったのでした。


まあ、仕方がないことかもしれませんが、大会のアンケートに「副賞がしょぼい。」とあったと聞いたとき、少し悲しくなりました。

抽選会もいない人が多かったですしね。(これは、半券を各自が表彰式前に箱に入れる方式がいいかも)

過去最大の参加者数という、一見、盛り上がっているようで、一体感はなくなってしまっている。世の常ではありますが…。


今年もいろいろな方々の努力、おもてなし、温かい気持ちが伝わってきました。

トイレの提供など、改善していただいた点も多々ありましたし、本当にありがとうございました。

がんばっぺ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。