So-net無料ブログ作成
検索選択

6時間走った翌日のレース [自転車]

先日のツール・ド・八ヶ岳は、クラス20位という過去にないレベルの駄目リザルトだったわけですが、

あまり自信を失いすぎると、レースで思い切った走りができなくなってしまうので、

メンタル面のケアを目的として考察。


基本的に私は、レース前は疲労を抜くために、2日前はローラーを軽く、前日は練習休みにしています。

ただ、レースを『練習』と割り切るケースがたまにあり、

2010年の300km超を自走で行った弥彦山ヒルクライムとか、富士チャレ200の翌日の日の出町ヒルクライムなんかは、大会の規模に助けられて駄目さが目立ちませんでしたが、

前日に5時間エンデューロとクリテを走った「2016年の蔵王」と、前日に6時間超の箱根サイクリング(?)を楽しんだ「2017年の八ヶ岳」は影響が顕著に現れました。

どちらも前日の疲労がなかったとしても優勝は狙えなかったレースですが、おそらく、トップ差4分くらいでは走れる可能性はあったと思っています。

それが結果的には8~10分差程度つけられてしまいました。

前日に6時間程度走ると、7~10%くらい、タイムが悪化する感じでしょうか。


【2017年のツール・ド・八ヶ岳】
http://run-ran-run.blog.so-net.ne.jp/2017-04-16

【2016年の蔵王ヒルクライム】
http://run-ran-run.blog.so-net.ne.jp/2016-05-15

【2010年の日の出町ヒルクライム】
http://run-ran-run.blog.so-net.ne.jp/2010-10-10

【2010年の弥彦山ヒルクライム】
http://run-ran-run.blog.so-net.ne.jp/2010-09-20


というわけで、今回の結果をあまり悪く考えずに、「変身をあと2回残している」くらいの気持ちの余裕をもって、あと2か月くらい過ごしたいと思います。

7月以降は結果を求めてレースを走れるように…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。