So-net無料ブログ作成
検索選択

10回目のおきなわを前に [ツール・ド・おきなわ]

今週末は「ツール・ド・おきなわ」が開催されます。

秋が深まっていく中、暖かい沖縄で開催されるということもあり、『シーズン最後のレース』という気持ちがある大会です。

自転車乗りの間では注目度が高く、コースも素晴らしいということもあり、

私も2007年に初参加して以来、9年連続で参加していて、今年で10年連続になる予定です。

【市民130km】
2007年: 1位

【市民200/210km】
2008年:13位
2009年:27位
2010年: 3位
2011年:24位(大腿骨転子部骨折で練習を控えた影響)
2012年:46位(1週間前の抜釘手術の影響)
2013年: 6位
2014年: 4位
2015年: 11位

とにかく突っ走ってきた 2011年に入院するようなケガをしてしまい、自分の人生の中での自転車生活について真剣に考える機会があり、

そして現在に至っていますが、

昨年(2015年)はシーズンを通しての不調あり、鎖骨骨折もあったりで、ツール・ド・おきなわの参加も相当悩みました。

今年も同じような感じに悩みつつ、この悩みはなんなのだろう?と考えて、現在至っている結論は…、

「目標達成の意欲の欠如」

です。

自分自身の意識が年々変わってきているというのはもちろんですが、

「いわゆるソーシャルメディアというか、そういったもので、たくさんの情報が入ってきてしまう。」

ということも大きいと感じています。

来年こそ頑張るぞ!という気持ちで新シーズンを迎えているつもりではありますが、

約1年が経過し、いよいよまた「ツール・ド・おきなわ」だという時期になると、

上位争いを展開するであろう選手は殆どが知っている選手なわけで、

その人たちの状況、強さの情報を目にし、耳にしてしまうと、

レースを走るまでもなく、目標達成なんて無理だと感じてしまうわけです…。

「勝負はスタートする前に決まっている」

というやつですね、いわゆる。

なので、

すみませんと言いながら会社の休みをもらったり、

おきなわが終わってからねと言って、いろいろなことを我慢したり、

そこの『マイナスの選択』は果たして正しいのか!?と思うわけです。

それに、表面上だけ「優勝目指して頑張ります!」とか「へのツッパリはいらんですよ!」とかいうのは精神的にきついですし…。


そんな今年、昨年よりは『ましな』状態になっている気はしていますが、やはり、実力不足。

ブッフェに行くことを我慢していなかったり、峠に練習に行ったりせず、

『マイナスの選択』をしないことで、精神的な安定を保っています…。


おきなわは…、もう走らなくてもいいですが、いわゆる『お祭り』、『忘年会』、『オフ会』でしょうか。

今年は、これまで大会を湧かせてきた上位常連の選手たちが勢ぞろいするのではないか?というくらい、ハイレベルなレースが予想されます。

目標というものはもはやありませんが、(レース後の楽しみも含めて)おきなわは今年で最後になってもいいような思い出を作ってきたいです。

後ろ向きな考えではなく、新たな一歩を踏み出すために…。
タグ:おきなわ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0