So-net無料ブログ作成

2016年シーズンを振り返る(その2) [自転車]

前回の

【2016年シーズンを振り返る(その1)】
http://run-ran-run.blog.so-net.ne.jp/2016-10-20

の続きです。

自転車生活を楽しいと思えるようになってきて、シーズン後半を楽しみにして迎えた7月。

仕事の波がやってきて、過去最高に余裕がない生活。

レースはいくつかエントリーしていたものがあったものの、仕事以外のことを考える余裕が全くないくらいになっていました。

テレビやPCどころか、スマホも見ていませんでしたし…。

仕事後の徹夜ドライブから、要項に目も通せずに、受付会場を間違えた夏油。(往復1200km)

仕事を終えてから、完徹の運転で挑んだ鳥海。(往復1400km)

仕事を終えてから、そのまま徹夜ドライブの宮田。

過去に参加したことがある大会だったので、たどり着くことができたとはいえ、走りは言わずもがなで過去最低レベル。

そして、

26時に仕事を終えて、そのまま向かうものの、山の日の渋滞もあり、たどり着けなかった栗駒。

これらの遠征は結果的に大丈夫だっただけで、いつ死んでもおかしくありませんでした…。


仕事は大切だけどね、台無しだよ…。

発狂して、帰宅後や夜道で叫んでしまったりもしました。本当に壊れそうでした。(壊れていたかもしれません)


9月に入って仕事が落ち着いてはきましたが、レースシーズンとしては既に終盤。

それでも、仕事のせいにしようが、なにのせいにしようが、時間を取り戻すことはできないので、

残りの期間、最悪に近いコンディションで…、それでもなにができるか? 考えました。


そして、JBCFレースは、仙台クリテと赤城山ヒルクライムをチームメイトのアシストとして走らせていただくことになり、

また、何のしがらみもなく、出たいという規範だけで、高梁ヒルクライムに参加しました。

練習もサイクリング的な内容だけにして、心の療養に努め、リフレッシュできたような気がしています。


そんなこんなで、良くないときはあまり手を広げず、11/13 の「ツール・ド・おきなわ」がシーズン最後のレース。

(TCUエンデューロにお誘いいただけたら参加するかもしれませんが…)

駄目とはいっても好きなレースなので、楽しかったと思える走りをしたいです。
タグ:自転車生活
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0