So-net無料ブログ作成

2013 ジャパンカップ オープンレース [自転車レース]

ジャパンカップの一般レース。

私は、2006年~2008年にチャレンジレース(14.1km+10.3km)に参加していました。

2009年にJCF登録をしてからは、4年間参加していませんでした。

というわけで、5年ぶりにして、初のオープンレースへの参加です。

オープンレースは、14.1km×5+10.3kmの80.8kmのレースです。

今年は前年と違い、2組に分かれることなく、225人の一斉スタートになりました(大学生とかも一緒)。

スタートは2列目に並べたのですが、クリートを踏み外して出遅れて、中盤で最初の上りへ。

何しろ大人数なので、自分のペースでは上れず、上りはじめと同じくらいのポジションで頂上について、下りは遅れ気味で、平坦に来ることにはほぼ最後尾。

基本的には1周目から最後までずっとこのパターンでした…。

変わったところといえば、3周目の中盤に4,5人で少しの区間だけ逃げたことでしょうか。

ただ、全体的にみんな、平地が鬼速いので逃げれる気はしないし、上りで頑張っても追いつかれることは明らかな感じ。

最終周回、まだ、先頭集団は50人くらいはいる感じ。

古賀志林道の上りは集団の後ろのほうで上り終えて、西谷選手の後ろで下りへ。3人ほどに抜かれつつ、テクニカルゾーンを下り終え、少し集団から遅れ気味になっていると、

後ろから岩島選手を含む数名の小集団が来て、そのおかげで前にドッキング。

これでいよいよラスト勝負だな…

と、油断していたら…

牧場の右カーブでコースアウトして段差に落ちて、ジ・エンド(TT)

脚にナイフで切ったような切り傷が見えるものの、なんとか走ることはできそう。もちろん、勝負は終わってしまいましたが…。

チェーンも外れていて、第二集団も通過してしまい、そのあとを単独で走り出す。

途中、役目を終えたような2選手を抜かしつつ、そのまま単独で残念なゴールになりました。

たぶん、5%までは差がついていないと思うので、完走はできたでしょうか。

落車はともかく、そもそも、すべてが後手後手になってしまったのが駄目。

まあ、力なないと、望まずとも後手後手になってしまうわけですが…。

慢性的寝不足の解消から努力せねば…、って、深夜にブログ書いているようじゃダメか(^^;
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0