So-net無料ブログ作成
検索選択

2007年を振り返る(自転車) [自己紹介・年間成績]

2007年を振り返る(自転車)

2007年を振り返ってみると、31レースに出場していました。デュアスロン、MTB、チーム戦を除くと、27レースです。
それらの成績をまとめると、以下のようになりました。

  • ヒルクライム:13戦(優勝7、入賞6)
  • ロードレース:4戦(優勝3)
  • エンデューロ:9戦(優勝2、入賞3)
  • 個人TT:1戦(優勝1)
  • チームレース:2戦(優勝1、入賞1)
  • MTB:1戦
  • デュアスロン:1戦
※1 ここでの「入賞」は、「優勝」を含まない。
※2 ここでの「ロードレース」は、「ヒルクライム」以外で、走行距離が決まっているもの(「クリテ」を含む)。
※3 ここでの「エンデューロ」は、走行距離ではなく時間が決まっているもの。
※4 ここでの「個人TT」は、「ヒルクライム」を含まない。
※5ここでは「2レース総合」のような順位は数に加えない(下表の黄色)。

エンデューロの成績が比較的良くないのは、「キング・オブ・エンデューロでは、後半しか出ない人に対して、後半が疲労で不利(下表のグレー)」という理由。

開催日 レース名(略称込み) カテゴリー 順位 備考
3/25 ひたちなかエンデューロ 3時間ロード・ソロ 18位 途中パンク(初パンク)
2時間ロード・ソロ 8位 3時間の疲労でこんなもん?
キング 5位 2時間と3時間の総合。表彰は1位のみ。
4/15 ツール・ド・八ヶ岳 男子C 優勝 -
4/22 表富士 男子U-40 8位入賞 調整失敗
5/12 勝山MTBエンデューロ(3h) 男子ソロ 12位 BikeNavi年間ランキングのため
5/13 勝山ヒルクライム 男子U-40 優勝
(総合2位)
全クラス一斉スタート
5/27 TOJ市民レース 一般の部2B 優勝 21kmの平坦コース
6/24 ツール・ド・美ヶ原 男子C 3位入賞
(総合11位)
同一スタート組ではトップ
7/1 ツールドジャパンひたちなか チームTT 6位入賞 初チームTT(Team ARI)
7/7 ツール・ド・新城クリテ インターミディエイト 優勝 スプリント賞獲得
7/8 ツール・ド・新城エンデューロ 3時間ロード・ソロ 2位入賞 -
2時間ロード・ソロ 8位 3時間の疲労でこんなもん?
キング 優勝 2時間と3時間の総合。表彰は1位のみ。
7/15 信州小谷HC 男子A 優勝
(総合1位)
ヒルクライム初総合1位
7/21 CSC5時間耐久 男子ペア 優勝
(総合10位)
チーム(ペア)初優勝
7/28 Mt.鳥海第1ステージ(個人TT) フル男子C 優勝
(総合3位)
-
7/29 Mt.鳥海第2ステージ(HC) フル男子C 優勝
(総合1位)
-
8/5 枝折峠ヒルクライム 男子B 優勝 -
8/19 東京ヒルクライム 総合 4位入賞 同一スタート組ではトップ
8/26 乗鞍 男子C 2位入賞
(総合19位)
同一スタート組ではトップ
全日本ヒルクライムシリーズ 3位入賞 美ヶ原・鳥海・乗鞍の総合
9/2 裏磐梯スカイバレーHC 男子A 優勝
(総合1位)
-
9/23 弥彦山ヒルクライム エキスパート 2位入賞
(総合2位)
初エキスパートクラス
9/29 塩原温泉HC(個人TT) 優勝
(総合3位)
仮認定S
9/30 塩原温泉HC(ロードレース) 2位入賞
(総合2位)
認定SS
- 塩原温泉HC(総合) 3位入賞
(総合3位)
2日間の合計タイム
10/6 日産スタジアム 3時間ロード・ソロ 優勝 -
2時間ロード・ソロ 4位入賞 3時間の疲労でこんなもん?
キング 優勝 2時間と3時間の総合。
10/27 JAPAN CUP チャレンジレース 13位 残り約8kmで落車
11/4 SUGOファンキーエンデューロ 4時間ロード 優勝 -
11/11 ツール・ド・おきなわ 市民130km 優勝 山岳賞×2、スプリント賞×2も獲得
11/23 CTUデュアスロン ビギナーの部 4位 トランジット下手すぎ…
11/25 ひたちなかvol.2 3時間ロード・ソロ 2位入賞 -
2時間ロード・ソロ 16位 最後の位置取りが×
キング 3位入賞 2時間と3時間の総合。

※ 「個人レースではないもの」、「ロードレースではないもの」は、文字を「グレー」にしました。


これまで乗ってきたTREK2000Tが三度の落車で壊れて引退。2007年は、MadoneSSL6.5(HCレース用)とTREK1500D(練習・平坦レース用)を思いきって購入し、シーズンを向かえました。

そして、今年のレースの中で、特に力を入れたレースは、

  • ツール・ド・美ヶ原
  • Mt.鳥海バイシクルクラシック
  • マウンテンサイクリングin乗鞍
  • 裏磐梯スカイバレーヒルクライム
  • スポニチ塩原温泉ヒルクライム
  • ツール・ド・おきなわ
でした。意気込みで、他のレースとの大きな違いは…、宿泊してます(笑)


以下には、↑を中心に印象に残ったレースについて(当時のブログ記事には書かなかった内容・本音も交えて)書いてみました。

【シーズン開幕】

「八ヶ岳(4/15)」は、年代別で優勝。初のチャンピオンジャージに感動!Madoneでの初登山も問題なし。 詳細

「表富士(4/22)」は、今年唯一(?)の失敗ともいえるレース。状態が良くなかったのに、序盤から飛ばしすぎた。朝測定の体重も今シーズン最高の66.6kgだった。しかしながら、この時の悔しさ(?)が、このあとの好成績につながったのかも知れない(「美ヶ原」まで洋菓子禁止令発動)。 詳細

「勝山ヒルクライム(5/13)」は、全カテゴリーが一斉スタートで、思いがけず、56さんや、他の年代の強い選手と走ることができた。その中での総合2位(年代別は優勝)は自信になった。 詳細

「TOJ市民レース(5/27)」の平坦コースでの駆け引きの結果の優勝は、ヒルクライムとは違う喜びがあった。あの実況も雰囲気があって最高だった。 詳細

【最初のマイルストーン「美ヶ原」】

シーズン最初は「秋までにベストにもっていけばいい」と思っていたものの、「表富士」の結果で危機感を持ち、「美ヶ原(6/24)」である程度の結果を出そうと方針を変更して臨んだ。結局、「表富士」からは体重2.6kg減(64kg)。年代別優勝候補のU見さんにどこまで迫れるか?を目標に走って、年代別3位(同一スタート組ではトップ)。 詳細
ある程度の結果を出すことができてホッとした(洋菓子禁止令は解除(笑))。

「信州小谷ヒルクライム(7/15)」は、Z@cさんに競り勝って、初のヒルクライム総合1位。ただ、Z@cさんは前日もレースだったので、勘違いしないようにと自分に言い聞かせる。まあ、自分も練習用の自転車だったし(強がり)。 詳細

【「おきなわ」出場を賭けた「Mt.鳥海バイシクルクラシック」】

間もなく、「ツール・ド・おきなわ」のエントリーが開始される。私はエントリーするか迷っていた。お金をかけて遠征するからには結果を出したい。私の力は「おきなわ」で通用するのだろうか?
「鳥海バイシクルクラシック(7/28-29)」のエントリーリストがレース前から公開されていた。それを見ると、同じクラスに、「ツール・ド・おきなわ」の市民200kmで2年連続20番台のU選手がエントリーしていた。彼は間違いなくクラス別の優勝候補だ。そこで考えた。「鳥海でU選手に勝って優勝することができたら、おきなわにエントリーする!」と。逆に「勝てないようなら、沖縄に出ても結果は期待できないので諦めろ」と自分に言い聞かせるとともに、仲間にも宣言した。

そして、レースには、いい状態(62kg)で臨むことができた。同じクラスでもスタートは2つの組に分けられ、Uさんは別組スタートとなった。タイム勝負となるので、序盤から抜け出して単独走。そして、優勝。Uさんには4分30秒も差をつけることができた。そしてなんと、総合でもトップのタイムだった。
この結果で「ツール・ド・おきなわ」のエントリーを決意。そして『全日本ヒルクライムシリーズ』も意識するようになった…。 詳細

「東京ヒルクライム(8/19)」のレース後の山頂で、(以前、ブログにコメントを頂いていた)R_Expressさんとお話ができた。初ご対面(笑)元インカレチャンピオンと聞いてびっくり。機材の話が中心だったが、カエルが大海を見たような気分だった。 詳細
この日は、ドラゴンボール風な考えで、カーボンホイールは使わずに『乗鞍』に温存した。

【そこまで言う「乗鞍」ってなによ!?】

いろいろな人が「乗鞍、乗鞍」と言う。「乗鞍で○○分」とかバロメータのようにもつかっている。そんなに凄い大会なのか!?と思い、エントリーしてみた。予想以上の結果を出せた「Mt.鳥海バイシクルクラシック」が終わってからは、『シリーズ戦』を意識して、「乗鞍」を急遽、重要視するようになっていた。そして、いよいよ「乗鞍(8/26)」の日。
レースの前々日に、キターさん(実業団登録2戦でBR-1に昇級のクライマー)が同じカテゴリーで出ることを知り、(競えればタイムも狙えるので)同じスタート組になることを願いつつレースの前々日は夜も眠れなかった。残念ながら、別組のスタートとなり、レースは終始単独走。結局、キターさんに2秒差で敗れて年代別2位。かなり凹んだ。 詳細
レース後、『シリーズ戦』の表彰もあり、第3位。気分は回復。単純すぎ…。

「乗鞍」の魅力は少しわかったような気がした。

【避けてきたJCRC】

緊迫した空気には耐えられそうになく、避けてきたJCRC。初出場でXクラスで出てもSクラス認定があるのはヒルクライムだけ(?)っぽいので、ヒルクライムレースに狙い撃ち。目標は「Sクラス認定」。

最初は「塩原」を優先目標と考えていたのだけど、「鳥海」の後、急遽、「乗鞍」に照準を合わせた関係で、少し気が抜けた感じ(体重も64kgに増加)があった。そこで、「裏磐梯(9/2)」、「弥彦山(9/23)」と出ることで、なんとか気持ちをつないで、「塩原温泉ヒルクライム(9/29-30)」。
初日のTTは、Xクラスで優勝。総合3位で、Sクラスに仮認定(目標達成)。 2日目のロードレースは、Sクラスで走って2位。これで、SSクラス(目標達成+α)。 詳細

【「おきなわ」に向けた調整を開始】

ヒルクライムから気持ちを切り替えて、ロングライド対策として「日産スタジアム(10/6)」の5時間(3時間+2時間)の部にエントリー。終盤に2~4人で抜け出す展開で勝つことができた(3時間優勝+2時間4位=総合で優勝)。 詳細

24.4kmと短いながら、アップダウンの感じが「おきなわ」に近い(予想)ので、かけひきの練習として「ジャパンカップチャレンジレース(10/27)」に出場。
雨が降っていて、レース後のメンテを嫌って、「おきなわ」で使う予定のMadoneは温存し、TREK1500で出た。
それが「凶」なのか「吉」なのかはわからないが、終盤の下りカーブで落車。カラダも自転車も、擦り傷多数。この程度で済んだのが不幸中の幸い。 詳細

「おきなわ」の最終調整で、「SUGOファンキーエンデューロ(11/4)」の4時間ロードの部に出場。エンデューロはTREK1500と決めているものの、「おきなわ」前に慣れておく目的で、Madoneを投入。4時間逃げ続けて優勝。 詳細

【いよいよ「ツール・ド・おきなわ」】

「ツール・ド・おきなわ(11/11)」の市民130kmに出場。目標は優勝。 他の人からの言葉がプレッシャー(?)にならないように、レース会場では話をしていたものの、ブログには「おきなわ」については書かないようにしていた。
前日に車で下見をして、アタックポイント等、作戦を立てたものの、実際のレースは全く違う展開に…。序盤からの単独逃げで優勝。一年を最高の形で締めくくることができた。 詳細1詳細2

【来シーズンに向けて】

「ひたちなかエンデューロvol.2(11/25)」の5時間(3時間+2時間)の部に参加。「ツール・ド・おきなわ」でもお馴染みのT井さんが出る(レースの数日前にウワサで聞いた)ということで、来シーズンに向けて、自分の力を試してみるいい機会と考えて臨んだ。
そして、集団走行、少人数の逃げ、アタック、ゴールスプリント(?)といういい経験ができた。 詳細


マイナーなレースを選択していた2006年に対して、2007年はメジャーなレースにも挑戦してみました。そして、シーズン最初に思っていたよりもいい結果を残すことができたと思います。

 ← 2007年の成果

来年は、今年できなかったことに挑戦していきたいです。 


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 5

T2

>今年できなかったことに。。。
>今年唯一(?)の失敗ともいえるレース

先生、表富士とノリクラはまた年齢別ですか~?
もしそうなら、少しでも抵抗できるように姑息な作戦を考えておきます。

けど

おきなわ200とノリクラチャンピオンの二冠を狙ってほしいわぁ
某六本木の人とガチンコ対決が観てみたいです。
by T2 (2007-12-02 16:00) 

kaizan

よっしさんとにかく凄いの一言です。
特にヒルクライムは出場したレースはすべて賞にからんで
いるのですから「恐れ入りました」としか言い様がありません。
来期は追われるものとして、厳しいレースが多くなると思いますが
守りではなく常に上を目指した突き進んでいってください。
by kaizan (2007-12-02 20:25) 

よっしー

T2さん、
「できなかったこと」≠「失敗したこと」
です。どちらかというと、
「できなかったこと」≒「挑戦しなかったこと」
という意味で使いました。
参加カテゴリーは、面白いレースができそうな方を、そのときそのときで選んでいく予定です。「優勝するまで年齢別」とは考えていません。
#話はそれてしまいますが、表富士は苦手なのですよね…。

kaizanさん、
追われるのは、きついだけなので、上を目指していきたいです。
もちろん、それだけの力が備わればの話ですけど…。
by よっしー (2007-12-02 21:50) 

kert

読んでいてゲップが出そうになりました(笑

よっしーさんのブログを読み始めてあっと言う間・・。ここまで来たんだなーって思います。
ただただ歓心する記事ばかりですが(スウィーツも)、今後の活躍も期待してますからね。(笑
by kert (2007-12-04 00:41) 

よっしー

書くのに3日かかりました(^^;
レースの順位に関しては、「年齢別だから」というところがあるのですが、年齢別でも、ここまでやれるようになるとは思っていませんでした。
今後も、自転車、スイーツともに、自分ができる範囲で頑張っていきたいです。
#プロやギャル曽根には勝てませんので(笑)
by よっしー (2007-12-07 01:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。